200VA定周波定電圧電源 CVFT1-D200

 *本製品は製造中止品です。

 *後継機種として交流安定化電源「PH1-200」を発売しております。交流安定化電源PH1-200

CVFT1-D200の特長 

  • 周波数10Hz~1000Hz、出力電圧0V~280Vまでの範囲で可変できます。CVFT1-d2001
  • 周波数基準に水晶振動子を用いていますので、周波数安定度が良好です。
  • 便利なメモリー機能を有しています、電圧、周波数、レンジ設定を1組として3組メモリーに登録可能です。
  • 出力電圧レンジ自動選択機能を有しています。
  • リニアアンプ方式のため波形歪が少なく、入力電圧変動及び負荷変動に対して出力安定度が良好です。
  • 商用電源から出力を絶縁します。
  •  取扱説明書のダウンロード(PDF)

CVFT1-D200仕様

型名 CVFT1-D200
入力  電圧 単相 AC100V ±10%
周波数 45~65Hz
容量 600VA以下
力率 60%以上
出力 電圧範囲

0~140.0V/0~280.0V (2レンジ)
0~280.0V自動選択機能有り

電流範囲 1.43A (140Vレンジ) /0.72A (280Vレンジ)
容量 200VA
負荷力率 0.85~1 (進・遅)
設定周波数範囲 10.0~99.9Hz 0.1Hzステップ
100~1000Hz 1Hzステップ
電圧波形歪率 1.0%
ロードレギュレーション ±0.6%(45.0~400Hz)     ±2%(401~1000Hz)   
ラインレギュレーション ±0.2%
周波数安定度 ±0.01%
表示 電圧計 0~300.0V 確度±1%FS デジタル表示
電流計 0~2.500A 確度±1%FS デジタル表示
周波数計 10.00~1000,1000Hz ±1digit デジタル表示
付属機能 メモリー 3組(電圧、周波数、レンジ設定)設定条件をメモリー可能
キーロックスイッチ 誤操作防止のキーロックスイッチ装備(電源OFF時も保存)
出力方法 AC100V用3Pアウトレット バインディングポスト
外形寸法 約250W×135H×340D mm (突起部除く)
重量 約10Kg