東京精電は、環境にやさしいエネルギーを提案します。

製造情報

東京精電の工場・製造ラインについて紹介します。

ハンダ付け作業

ハンダ付けの作業は特に電気機器製品を製作する現場において無くてはならない技術の一つです。 プリント基板に実装する電子部品等ハンダ付けの良し悪しが製品の性能や品質に影響します。

どんなに優れた電子部品が搭載された製品でも、ハンダ付けひとつで製品の信頼性を落とし欠陥製品と 判断されてしまう可能性があります。ハンダ付け作業はどうしても人間の手作業が入り不良が起こりやすいため当社では、手付けで行うハンダ付け作業は特殊作業と定め、社内認定制度になっております。

現在は有資格者12名の作業員が在籍しており、力量はスキルマップによって管理され、それを基に教育訓練を行うことで力量の維持と向上に努めております。

品質管理活動として

1.電子部品は静電気に弱いので、工場内での静電気対策も万全を期しており品質を維持しております。  (導電性カラーマット上での作業、リストストラップ着用及びテスターチェック、静電対策工具の使用)

2.ハンダゴテの温度管理ハンダゴテは使用前に温度を測りその数値をチェックシートに記載しています。

3.ハンダ槽の温度管理・・・品質に影響が出ないように使用前に温度、フラックスの比重を測りその数値をチェックシートに記載して品質管理を行っています。

基板実装部品について

小型部品だけでなく、大型部品(トランス、チョークコイル、電解コンデンサ、ヒートシンク等)の実装も取り扱っております。

大型部品実装基板例

圧着作業

圧着作業は人間の手作業が入り不良が起こりやすいため当社では、特殊作業と定め、社内認定制度になっております。現在は有資格者12名の作業員が在籍しており、力量はスキルマップによって管理され、それを基に教育訓練を行うことで力量の維持と向上に努めております。

品質管理活動として

1.圧着工具は校正管理(期限:1年間)されております。

2.圧着工具を使用する際に「使用前点検チェックシート」を運用してでラチェット機構に異常がないか、部品の弛み欠落がないかを確認しております。

バーチャル工場見学

変成器製造課
IMG_3172 IMG_3167 IMG_3171 IMG_3170 IMG_3169 IMG_3168 IMG_3166 IMG_3165 IMG_3164 IMG_3163 IMG_3162 IMG_3159 IMG_3161 IMG_3160 IMG_3158 IMG_3157 IMG_3156 IMG_3155 IMG_3128 IMG_3153 IMG_3150 IMG_3139 IMG_3129 IMG_3154 IMG_3151 IMG_3152 IMG_3126 IMG_3121 IMG_3120 IMG_3119 IMG_3118 IMG_3117

電子装置製造課
CIMG4315 CIMG4313 CIMG4311 CIMG4309 CIMG4307 CIMG4306 CIMG4305 CIMG4301 CIMG4298 CIMG4297 CIMG4295 CIMG4293 CIMG4292 CIMG4291 CIMG4290

メカトロエンジニアリング課
8 7 6 5 4 3 2 1 表

お気軽に御相談下さい。 TEL 0268-35-0555 受付時間:8:15~17:00
(土・日・年末年始を除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 東京精電株式会社 All Rights Reserved.