◆概要C_nessenn_1
ULにおいてプラスチック材料の燃焼性試験には、熱線による発火性(電気エネルギーによる発火)を見る熱線発火性試験と試料にバーナの炎を接炎、その燃焼速度を見るバーナ炎発火性試験があります。
本装置は、熱線による発火性を試験するもので、試料にニクロム線を巻き規定電力を通電して、通電から発火までの時間を測定します。
この試験により、難燃性絶縁材料の自己消火性をみます。現在も太陽電池等用途が広がっております。

◆特徴
・UL746Aの試験が可能です。
 燃焼部と電源部が分離されており、安全面、保守性も考慮されております。
 燃焼部を換気装置のある場所に置くことが可能です。
・燃焼部は、空気の流れの影響を受けない構造です。
・燃焼用受皿が付属されております。

◆用途
・UL746A 自己消炎性に分類されるプラスチック材料の燃焼性評価。
・特殊ヒューズ用プラスチック材料の燃焼性評価。
・プラスチック材料の難燃化の開発、試験品質管理等。

◆仕様

電源 AC100V,50/60Hz
出力 AC0~15V,10Amax
電圧計 15V,1.5 級
電流計 10A,1.5 級
電力形 100W,1.5 級
※計時 カウンター 1~9999 秒
電圧調整 手動
寸法 W505×H320×D385
質量 26kg

※ 計時は、燃焼時間用と発火時間用の2 個
記 燃焼室が必要な場合は、下記寸法になります。
   W700×H1750×D585