本リアクトルは、ハンドル操作により、容易にインダクタンス値を可変することができるリアクトルです。C_kahen

◆特長
一台で広範囲のインダクタンス値の可変が容易に可能となり、数種類のリアクトルを用意し、端子を切り替えるなどといった費用・工数を削減できます。

◆用途
インダクタンス値を可変し、力率を容易に変化させることが可能となります。主に開閉機器の試験・実験にご使用頂けます。低圧開閉装置の直流試験(JIS C8201-5-1)用で実績があります。

JIS C8201-5-1から抜粋
H.8.6 短絡電流状態での性能
定格使用電圧(Ue),力率又は時定数 T0.95の条件において開閉素子に流れる電流が定格使用電流となるように負荷 R 及び L の値を選択する。

機種名 AG1181 AG1349
インダクタンス値 0.2~5.5H 0.2~2.7H
定格電流 5A 3.65A
(20A (1秒:ON 30秒:OFF))
最大印加電圧 DC1500V
耐熱クラス H
サイズ W450mm×D350mm×H1000mm (キャスター・ハンドル含む)
質量 約150kg
接続端子 M6 4端子(L0-L1-L2-L3)
インダクタンス可変範囲
(直流抵抗値)
L0-L1接続 : 0.2~1.1H
       (5.6Ω)
L0-L1接続 : 0.37~0.9H
       (4.1Ω)
L0-L2接続 : 0.7~3.3H
       (10.1Ω)
L0-L2接続 : 0.6~1.3H
       (5.4Ω)
L0-L3接続 : 1.2~5.5H
       (13.3Ω)
L0-L3接続 : 1.0~2.7H
       (8.1Ω)
--- L2-L3接続 : 0.2~0.4H
       (2.6Ω)