確度階級0.1級、0.2級、精密計測用、計器校正用

VTLシリーズVT_vtl01

概要と特長

精密計測用、計器校正用としての標準用計器用変圧器は、その確度階級JIS0.1級、0.2級適合品をはじめ、最近の業界からの要望にお応えし誤差特性0.05%の超精密級品も製作しております。
特に近年、トランスデューサ用としての要望も多く低消費VAで、且つ精度の高い小容量(1~5VA)のものも製作しております。下記の掲載品は標準仕様の一例ですが特殊仕様品の製作も致します。

VT_vtl02

標準用計器変圧器の比誤差及び位相角の限度

確度 限度 比誤差(%) 位相角(min)
1次電流 0.02Vn 0.25Vn 0.7~1.1Vn 0.02Vn 0.25Vn 0.7~1.1Vn
 0.1級 ±0.3 ±0.15 ±0.1 ±15 ±7.5 ±5
 0.2級 ±0.6 ±0.3 ±0.2 ±30 ±15 ±10

[備考] Vnは定格周波数の定格一次電圧を表す。

VTLシリーズ仕様
*外形図面の入手は外形図面欄内の各確度階級をクリックして下さい

型 式 階級
(級)
電圧 (V) 定格負担(VA) 寸法(W×H×D-φ) 質量(kg) 備 考  外形図面 
1次 2次
VTL1-1 0.1 1100-660-440-220-110 110 15 270×265×200 20   0.1級

0.2級
0.2
VTL1-2 0.1 440-220 110 15 270×265×200 20   0.1級

0.2級
0.2
VTL2-1  0.1 3300-2200-440-220  110  15  270×265×200 20     0.1級

0.2級
0.2
VTL2-2  0.1 3300-2200-1100-440  110  15 270×265×200 20     0.1級

0.2級
0.2 
VTL2-3   0.1   2200-1100-440-220   110  15 270×265×200  20     0.1級

0.2級
0.2 
VTL3-1 0.1 6600-3300-2200-440-220 110 15 270×275×200 20   0.1級

0.2級
0.2
VTL3-2 0.1 6600-3300-2200-1100 110 15 270×275×200 20   0.1級

0.2級
0.2
VTL3-3 0.1 6600-3300 110 15 270×275×200 20   0.1級

0.2級
0.2
VTL4-1 0.1 11000-6600-3300 110 15 420×500×420 50 金属ケース 0.1級

0.2級
0.2
VTL4-2 0.1 11000-6600 110 15 420×500×420 50 金属ケース 0.1級

0.2級
0.2
VTL4-3 0.1 11000 110 15 420×500×420 50 金属ケース 0.1級

0.2級
0.2
VTL5-1 0.1 22000-11000 110 15 油 入 0.1級

0.2級
0.2
VTL5-2 0.1 22000 110 15 油 入 0.1級

0.2級
0.2
VTL6-1 0.1 33000-22000-11000 110 15 油 入 0.1級

0.2級
0.2
VTL6-2 0.1 33000-16500 110 15 油 入 0.1級

0.2級
0.2
VTL6-3 0.1 33000 110 15 油 入 0.1級

0.2級
0.2

※取扱上の注意点(接地について)
「計器用変圧器(VTLシリーズ)は高電圧受電盤などに使用されるモールドタイプの
一般計器用変成器とは用途が異なるため、一次側V端子を接地側に接続して使用する設計となっております。
一次側V端子に高電圧が常時印加されますと、絶縁破壊を起こし損傷する可能性があります。」
VTLシリーズの使用方法として、1次側に接続されるラインが接地されていれば、そのラインをV端子に接続して使用しても問題ございません。使用する際には、お客様自身の接地環境に十分ご配慮ください。
尚、6.6kVの商用ラインは接地されておりませんので、1次側のV端子を接地しての使用をお願いいたします。
非接地タイプの計器用変圧器の製作も承っておりますので、ご相談下さい。

※2次切替について
1次側高圧配線を変更することなく2次側の端子で電圧タップを切り替えることができる2次切替方式の計器用変圧器の製作も可能です。 ただし、同電圧仕様の1次切替品に比べサイズが大きくなり、質量も増えます。

参考カタログ 特殊計器用変成器