C_llc_1

◆概要
近年パソコンの普及に伴いサーバー用の電源の需要も増加しており、省エネの為、サーバー用の電源の
高効率化が求められています。その中で、電力変換効率の規格に「80PLUS」というものがあり、
この規格を満足させるべく用いられるのがLLC電源です。

◆LLCとは
LLC電源とはLLC共振コンバータとPFC(力率改善コントローラ)を組み合わせたスイッチング電源であり、
LLC共振コンバータは、少ない部品で構成された高効率、低ノイズを兼ね備えたコンバータです。
そもそもLLCとは何かの略語ではなく、トランスの漏れインダクタンスLsと励磁インダクタンスLp、
コンデンサCrの共振を利用したもので、これがLLC共振コンバータの由来となっています。

◆80PLUSとは
電力変換効率が80%以上の変換効率を備える製品に与えられる認証です。「80plus Titanium規格」を超える
効率を目標とし、最大効率97%を目指し開発しています。下記表は、230V入力時のものになります。 

 

 

BRONZEC_llc_2

 

SILVERC_llc_3

 

GOLDC_llc_4

 

PLATINUMC_llc_5

 

TITANIUMC_llc_6

負荷率20%

81%

85%

88%

90%

94%

負荷率50%

85%

89%

92%

94%

96%

負荷率100%

81%

85%

88%

91%

91%

 

◆回路の特徴
<メリット>
・ZVS(ゼロ電圧スイッチング)によるスイッチング損失と
 ノイズを低減することで高効率が実現できます。
・LLC共振回路は部分電圧共振であり、電圧、電流ともに共振する
 為、整流時の逆回復時間によるノイズの発生を抑制できます。
<デメリット>
・一般のPWM制御に比べて出力の制御幅が狭いため、
 変動の大きい負荷には使用することができません。

◆参考仕様例

入力電圧

AC100V~240V

出力電圧

DC12V

出力電流

70A