◆概要
■ 本装置は、装置搭載状態に近い評価試験が可能で、回生機能を有しています。
■ 用途:インダクタの実使用状態での温度上昇、騒音試験用
     インダクタの直流重畳測定用
■ 応用例:本試験器をベースにカスタマイズ設計することにより、以下の試験器としてもご使用いただけます。
 ①電解・フィルムコンデンサ評価試験用 
 ②IGBT評価試験用

◆特徴
■ 昇圧チョッパー方式を採用している為、実際の装置搭載状態に近い評価試験が可能。
■ 回生機能を有している為、大容量の試験を少ない消費電力で実現。
■ 印加・昇圧電圧が自由に設定できる為、リップル電流の設定が容易。
 ※これにより、今まで実機に載せなくては評価出来なかった鉄損、温度上昇及び騒音の評価試験が実施可能に。

◆製作仕様例

C_indakutahyoukashikennki_1

印加電圧 DC160V ~ 250V
印加電流 DC150A (連続)
DC300A max (2sec)
昇圧電圧 DC330V ~ 700V
周波数 10.0kHz ~ 20.0kHz
(0.1kHz stepで可変可能)
リップル電流 100A p-p以下
入力仕様 三相AC200V ± 10%  50/60Hz
※DC200V – 150A (30kW) / 500V  20kHzにて入力容量3kVA
外形寸法 W653 × D674 × H1376 (mm)
※インダクタ試験テーブル、吊りボルト及び突起部含まず。