◆概要
 ・本装置は、2系統の出力の電圧及び位相を可変できる
  周波数可変定電圧電源です。
  周波数は45.0Hz~99.9Hz、
  出力電圧は約0~120Vの範囲で可変できます。
 ・位相の設定は、出力1に対し出力2の位相を±180度の
  範囲で、1度ごとに設定が可能です。
 ・力率表示としてcosΘ(Θ:出力1-出力2間の位相角)の値を
  少数点以下3桁で表示します。

◆特長
 (1)周波数基準には水晶振動子を用いていますので、周波数安定度が良好です。
 (2)リニアアンプ方式を採用していますので、きれいな正弦波を出力します。

◆製作仕様

型式 PS-GC0089
外形寸法 W300×H220×D350(mm 突起部含まず)
質量 約15Kg
冷却 FANによる強制空冷
入力 電圧 単相100V±10%
周波数  50/60Hz
入力容量 約500VA
出力 容量 10VA (一出力につき)
電圧 単相 0~約126V(ボリュームによる設定、各出力別々に設定)
周波数 45.0~99.9Hz: 0.1Hzステップで設定
位相可変範囲 ±180度(1度ステップ)
波形歪率 0.8%以下
計測 電圧 300VFS 2.5級
周波数 デジタル3桁
力率 ±1.000(少数点以下3桁)