◆概要 GK0070
本装置はリニアアンプ方式の交流定電流電源です。パネル面のキー操作及び外部制御にて、周波数、出力電流を設定・出力することができます。周波数45~65Hz(0.1Hzステップ)、出力電流0~80Arms(0.1Aステップ)の範囲で可変できます。

◆特徴
・従来のCCFTシリーズよりデザイン変更。
 パネル表面に操作部を追加。
・出力周波数を45~65Hz(0.1Hzステップ)で可変可能。
・出力電流を0~80Arms(0.1Aステップ)で可変可能。
・メモリー機能を追加により電流、周波数の組み合わせを最大3つ保存・呼び出し可能。
・GP-IBとRS232Cのインターフェイスによるリモート操作が可能。

◆使用用途
・ブレーカーの遮断試験
・ヒューズの溶断試験 
・端子台の温度上昇試験 
・素子の接触抵抗の測定 

◆仕様

一般仕様
型式 PS-GK0070
外形寸法 W430× D485 × H220 (mm)
質量 約37Kg
耐電圧 AC1500V /1分間 入力-出力、入力-筐体 AC500V /1分間  出力―筐体
絶縁抵抗  DC500V 10MΩ以上 入力-筐体、入力-出力
環境条件
  設置場所 屋内
  動 作 温 度 0~40℃
  動 作 湿 度 30~80%RH (結露がないこと)
  保 存 温 度 -10~70℃
  保 存 湿 度 20~90%RH (結露がないこと)
保護機能 入力過電圧、入力不足電圧、入力過電流、出力過電圧、過温度
冷却方式 強制空冷
入力仕様
電圧 単相AC100V±10%
容量 約3kVA以上
周波数 50/60Hz
出力仕様
最大電圧 AC12Vrms
電流 AC0Arms~80Arms
容量 960VA
周波数 45~65Hz±0.01%
効率 約60%以上
波形歪率 2%以下 (抵抗負荷)
通信部
通信インターフェイス RS232C、GP-IB