◆概要
cat0009a

単巻変圧器はオートトランスとも言われています。
複巻変圧器は、1次側と2次側が別々に巻かれており絶縁されていますが、
単巻変圧器は、1次側と2次側が同じ巻線を使用しており絶縁されていません。
同じ巻線を使用しているため、複巻変圧器に比べて、小型、軽量化することが
できます。しかし、絶縁されていないというデメリットがあります。

◆サイズ

単巻変圧器のサイズは自己容量を計算する事で求まります。
cat0009c

cat0009b

例:
【単相】
1次電圧200V、2次電圧100V、2次電流100Aとすると自己容量は、
(1-100V/200V)×10kVA=5kVA となり、
単相変圧器 TSH1-Hシリーズで比較した場合、
定格容量 10kVAの複巻変圧器に対して、およそ半分の質量になります。
同じ定格容量でも電圧差が少ないほど自己容量が小さくなり、サイズも小さくなります。(下表を参照下さい)

1次電圧/
2次電圧
2次電流
(A)
定格容量(VA) 自己容量(VA) W(mm) D(mm) H(mm) 質量(kg)
複巻変圧器 200V/100V 100 10k 10k 260 230 225 80
単巻変圧器 200V/180V 55 10k 1k 170 150 175 12
単巻変圧器 200V/100V 100 10k 5k 260 200 225 40
単巻変圧器 200V/20V 500 10k 9k 270 240 435 90

【三相】
1次電圧220V、2次電圧200V、2次電流115Aとすると、

cat0009d cat0009e

定格容量40kVAに対して、およそ4kVA相当の大きさになります。


◆製作例

一覧表のExcelファイルは、
こちらをクリックしてダウンロードして下さい。