gf0089

◆概要
・本装置は、出力周波数120Hzの交流電源です。誘導耐電圧試験に適しています。
・誘導耐電圧試験とは、無負荷電流が過大となるのを防ぐため、
  定格周波数よりも高い周波数で高い電圧をかける試験です。
  JISC4304,4306、JISE5007などに規定されています。
  本電源は2V2f(2倍の電圧を2倍の周波数で印加する試験)用途です。

◆特徴
・電源部にはPWM方式を採用しており、出力電圧波形は歪の少ない正弦波です。
・出力電圧/電流は250V/30Aと大容量ですので、大型高圧VTの試験に最適です。
 (VTの試験としては、2次側から110Vの電圧を印加して、1次側の耐圧を確認します)
・出力ON/OFF時、出力電圧をスローアップ/スローダウン制御します。
 これにより、出力オフ時は、試験物(トランス、VTなど)のコアの消磁ができます。

     出力電圧波形(250V,120Hz)                 スローアップ/スローダウン出力波形
gf0089sin gf0089wave

 

 

 

 

 

 

◆製作例

 一般仕様
型 名 PS-GF0089
入力電源 三相 AC200V±10% 50/60Hz
寸法・質量 W400×H860×D660(突起部除く) 約140Kg
 電気的仕様
出力電圧 AC0~250V(ロータリーエンコーダーにより0.1Vステップで設定可能) <注1>
出力電流 定格電流30A(33Aにて遮断) <注1>
周波数 120Hz固定 <注2>
波形 正弦波 歪率2.0%以下(220V±30V出力にて)
出力電圧の
スローアップ/スローダウン
0V→250V立ち上り時間:約500msec
250V→0V立ち下り時間:約500msec
タイマー設定 オフ及び、1.0~99.9sec(0.1secステップ)、100~999sec(1secステップ)
電圧計 デジタル AC0.0~300.0V(±1%f.s)
電流計 デジタル 0.0~50.0A(±1%f.s)
周波数計 デジタル 80~160Hz(±2Hz)
ホールド機能 タイマー設定時、及び遮断時には、試験終了時の測定値を保持(表示)します

注1
出力電圧および電流は、このケースサイズで出力容量10kVAまで製作可能です。
最大容量は100kVA程度までPWM交流電源としての製作実績があります。
注2
出力周波数は、100Hz/120Hz切替や、50~120Hz可変にて製作することも可能です。