長野県経営品質賞への申請の背景

 日本経営品質賞は1995年に創設された制度で、 「顧客の視点から経営全体を見直し、
自己革新を通じて新しい価値を創出し続ける「卓越した経営の仕組み」を有する 企業表彰制度」
(引用 経営品質協議会HP https://www.jqac.com/assessment/)です。
その日本経営品質賞の地域経営品質賞の一つとして長野県経営品質賞があり、
東京精電株式会社では、昨年の創業100周年の記念事業の一つとして、経営品質賞への挑戦を決めました。

 

長野県経営品質賞アルプス賞 受賞にあたって

 この度、弊社では2019年度長野県経営品質賞 アルプス賞を受賞することができました。
今回初めての申請であり、厳しいご指摘と恐れ多くも温かいご評価を頂戴したことは、弊社にとって
大変貴重な経験となりました。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より御礼申し上げます。
今後も更なる改善と経営革新を目指し、社員一丸となって一層の努力をして参る所存です。
今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

keieihinshitsu1 keieihinshitsu2